FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応急救護研修を行いました。

9/13八王子消防署の元八王子出張所から4名の消防士の方たちに来ていただき、応急救護研修を行いました。

000.jpg

救護の必要な人を見つけた時の手順は、①周囲の状況(安全)の確認。②声をかける、意識の確認。③人を呼ぶ(119番をかける人、AEDを持ってくる人)。④呼吸の状態を観察(10秒ほど)⑤心臓マッサージ(100回/1分)。⑥AEDの操作を行う。の順番で行います。

DSC_0077.jpg

心臓マッサージ実習中。いかに早く心臓マッサージを行うかによって、生還率が大きく変わるそうです。

DSC_0075.jpg

AED装着の様子。画像のように電極パッドを胸に貼り付けると、機器が自動的に心電図を解析して、電気ショックを与えるべきか調べ、必要と解析した場合には、機械の指示にしたがって電気ショックを与えるのです。

余談ですが、医療ドラマなどで、よく心電図が「ピーッ」とフラットになって医者と看護師が慌ててAEDを装着している場面がありますが、実際にはそれでは手遅れなんだそうです。心室細動と言われる状態の時(約3分以内)に、電気を流さないといけないそうです。
知ってましたか???

DSC_0084.jpg

会社の駐車場には消防車がドーンッと停まっています。威風堂々とした凛々しいフォルムに、思わずテンションあがります!!

さて、そんなこんなで、講習は2時間ほどで終了しました。

AEDは公共施設はもちろん、駅ビルやデパート、コンビニ等にも設置されています。
皆さんも、自宅周辺のAED設置場所を把握しておくと、いざという時に役に立つかもしれません。もちろん、きちんと講習を受けてAEDの使用法を理解する事が前提ですが。

スポンサーサイト

AAA(トリプルエー)カヌークラブ始動!!

8/24の土曜日、八王子は恩方地域にある陵北大橋近くの北浅川河川敷で「AAAカヌークラブ」による初のイベントが行われました。元々は、5年ほど前に駿河台大学の土方先生が開発した車椅子のまま乗せることのできるカヌー(パオ)を用いて、車いすの方でも安全に川や海で遊び、障がい者のフィールドを広げるとともに、自然の大切さを知ってもらおうという任意団体を組織し、何回かイベントを行っていました。その後、諸事情により団体は一時休止していたのですが数年の時を経て、ここに新団体「AAAカヌークラブ」として見事復活を果たしたのであります。

イベント当日、朝から雨が降ったりやんだりの不安定な天気でしたが、なんとか開催できました。
残念ながら、水位はさほど上がりませんでしたが、何とかカヌーを浮かべる程度までは復活していました。

aaa01

今回は残念ながら、パオは降ろせなかったのですが、代わりにカナディアンカヌーに車いすごと乗せるという荒業で対応しました。ちなみに、私は今回乗りませんでした。遊園地のアトラクションのように揺れるカヌーを目の当たりにし「うん、これは乗ったらヤバいやつだ」と確信したからです。

aaa02.jpg

↑こんなカンジです。

aaa03.jpg

↑川辺にはBBQが良く似合います。

aaa04.jpg

↑最後に集合写真を1枚。

「AAA(トリプルエー)カヌークラブ」はまだ活動は不定期ながら、今後はNPO法人を取得し、障害を持っている方とともにカヌーをはじめとした様々なアウトドア体験や河川の整備などに取り組んでいきたいと活動を始めました。
ちなみにAAAの由来は、Approach for Adventure and Activityの頭文字からとっているそうです。
ゆくゆくは一緒に活動してくれる当事者やサポーターを募り本格的に活動していく予定だそうです。
今後、当ブログでも紹介していきたいと思っています。興味のある方は是非ご参加ください!

パラマウントケアサービスセミナー開催!

8/27快晴。南大沢文化会館にて行われたセミナーに参加してきました。
会場には、パラマウントさん以外に4社参加されており、それぞれのイチ押し商品について熱く語っておられました。

first.jpg

まずは、パラマウントさんが先陣を切りました。
ストレッチシリーズのストレッチスリムとストレッチグライドをご紹介です。

paramount.jpg

この裏側の切れ込み部分が、ベッドを起こした時のずれ落ちを防ぐんだそうです。

justfit.jpg

ジャストフィ~ット!!

matsunaga.jpg

こちらは松永さんのNEXT CORE。
左右独立した背張り調整ベルトが、側弯症でお困りの利用者さんの身体にも、ジャストフィットさせるのだそうです。

130827_1158~010001

日進さんは人気の「軽7」・「軽8」に加え、こちらの「座王」をご紹介。
独自の背張り調整ベルトが、最適な座り心地を実現するそうです。

他にも、ミキさんのラクーネ3や、いうらさんの車いす用電動昇降機が紹介されました。

介護保険レンタル対応の車椅子も、機能的なモデルが増えて軽量化であったり介助しやすいような作りのものが多かったように思いました。

私も車いすユーザーですが、知らないことばかりで、とても勉強になりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。